【自作PC】Antecプラチナ電源のご臨終と寿命、そして安物電源への交換

pc

 パソコンの調子が悪く、スイッチをオンにしても起動したりしなかったり。購入してから4年、寿命を迎えたAntec電源を交換したときの話。

 パソコンのスペックは以下のとおり。問題の電源は、Antec EarthWatts EA-650-PLATINUM であります。

CPUIntel Core i5-4670 [3.40GHz/4Core/HD4600/TDP84W]
CPU-FANインテル純正 CPUクーラー [空冷/CPUファン](標準)
MOTHERASUS H87-PRO [Intel H87chipset]
MEMORY16GB DDR3 SDRAM PC-12800 [8GB*2/メジャーチップ6層基盤]
HDDCFD CSSD-S6T128NHG6Q [SSD 128GB]
ExDriveTOSHIBA DT01ACA100 [1TB 7200rpm 32MB]
OptDrive【黒】DVD;LG GH24NSB0 BL+書き込みソフト
VGAGeForce GT640 2GB [DVI/D-Sub/HDMI]
ExCardオンボードサウンド
LANGigabit LAN [1000BASE T]オンボード
CASE【黒】FractalDesign DEFINE R4 Black Pearl
POWERAntec EarthWatta EA-650-PLATINUM [650w/80PLUS Platinum]
OSMicrosoft(R) Windows7 Home Premium SP1(64bit)DSP版

 自作と銘打っておりますが、なんのことはないBTOパソコンで壊れたパーツを交換するという、DIYとしては割と低難度なタスク。

安物電源への交換手順

①マザーボードに電源が供給されていないことを確認。電源が故障したと判断。

写真1

②プラチナやゴールド電源は勿体ないので、某ブロンズ規格の安物電源を買ってきて取り付け。

※1枚ずつデジカメで撮影して、配線のし忘れがないようにした。

写真2

③即安定。めでたしめでたし。

Antec EarthWatts EA-650-PLATINUM の寿命

  • 寿命4年
  • 電源投入回数: 約2200回
  • 使用時間: 約14500時間
  • Crystal Disk Infoの各情報から逆算

 電源寿命は約2~5年といわれているので、そこそこいい線。プラチナ電源を指定したかいがありました、と思いたい。

感想

 これは相当に運がよかった。

 なにせパソコンパーツのトラブルは、原因がサッパリ特定できないことも珍しくないため。

 例えば、本件に照らし合わせると「電源ではなく実際にはマザーの故障だった」場合、買った電源がまるまる無駄になってしまう。

 ただ、いずれにせよサイコムBTO号は今回の危機を乗り越えることができたのは確か。これからも老害極まるHaswellおじさんとして、この老体にビシバシとムチ打っていく所存。

タイトルとURLをコピーしました